ゴルフ会員権相場動向ゴルフ関連ニュースゴルフ会員権お役だち情報リンク集

ゴルフ会員権と団塊需要

ゴルフ会員権と団塊需要


2007年60歳の定年を迎え、団塊世代の引退が始まります。

団塊世代はゴルフに親しんできた世代です。

団塊世代のリタイヤを間近に控え、ゴルフ(会員権)業界が大きく動き出す可能性があります。

1、団塊人口 約1.5倍
  
1944〜46生まれは472万人⇒1947〜49生まれは696万人

2、史上最もリッチ   保有金融資産も約1.5倍

1944〜46生まれは50.5兆円⇒1947〜49生まれは74.8兆円

3、退職金支給額(予測)  50兆円



 時間・お金・健康を持つ巨大市場が出現します。


会員権市場への影響は?

1、リタイヤするとゴルフ場利用回数が増加します。

2、安心して入会できる会員権が選ばれます。

3、自宅から近く時間、交通費がかからないゴルフ場

4、電車でいけるゴルフ場

5、フラットなコースが人気化。

6、平日利用者増加。

7、軽井沢、伊豆、蓼科などリゾートコースもにぎわうと思われます。


会員権相場に大きな影響必至。


リタイヤすることは会社というコミュニテイから離れることを意味します。
有り余る時間の有効利用、長い老後を考えると節約せざるを得ません。
長くゴルフに親しんできた団塊ゴルファーにとって会員権は必要(必須)となります。

・クラブライフを楽しむ。

・ゴルフ仲間との交流、ゴルフ場経営者、従業員との交流ができます。孤独感 を癒せる。

会社に代わるコニュニテイがゴルフ場の会員になることかも。

・健康管理

ゴルフは中高年向きの穏やかな運動量の最適なスポーツです。

・自然の中で楽しめる。

都会生活から離れ、自然のなかでカラダを動かすことでリフレッシュできます。

・節約できる。
  

入場者数が増えるとゴルフ場経営者は強気になります。

バブル崩壊後の料金値下げ競争から一転、ビジター料金の値上げに転ずる可能性があります。

長い老後を考え、節約のためビジターより(思い切って)メンバーになることを選ぶ。

リタイヤした方は月1ゴルファーでなく、週1〜2回プレーするなど回数が増えます。
  
会員権をもたないと大変な出費になります。

・ゴルフは時間消費型スポーツ

有り余る時間の有効利用。1日楽しく遊べる。
現在も、休業日以外ほとんど毎日のように利用するリタイヤゴルファーがおります。
今後、ゴルフ場を自分の庭のように(毎日のように)利用するゴルファーが増えます。

・退職金(資産)運用

割安感のあるいま確実に検討の対象になると思われます。
50兆円退職金の一部が会員権市場に流入することになります。




団塊のニーズは現状のセミパブリック化した会員制ではありません。おちついた本来のメンバーコースが団塊のニーズです。

団塊のリタイヤなどでゴルフ場入場者数が増えると、ゴルフ場経営者は強気になります。
相対的にビジターよりメンバーのメリットが大きくなります。

おそらく今までの「会員権要らない」「ビジターで十分」といった時代は終わりに近づいております。

会員権相場が値上がりがはっきりめにみえるようになれば、見直しされ、会員権の魅力が増します。


既に平成15年6月に会員権相場は底を打ち、上昇トレンドに入りました。


以下の記事ご参照下さい。


ゴルフ(会員権)業界の構造変化1


ゴルフ(会員権)業界の構造変化2


東京近郊のゴルフ場会員権は、特に、圧倒的な人口をかかえ、需要が強いので大きく動く可能性があります。
東京都のゴルフ会員権←ご参照下さい。


2007年会員権はどうなる?←ご覧下さい。







AKI GOLF SERVICEゴルフ会員権のAKI GOLF SERVICE
クリックで↑トップページへ


▲このページの先頭へ




| 会員権お役だち情報

ゴルフ会員権と団塊需要 は参考になりましたか?

ゴルフ会員権に関して他にありましたら、こちらからお調べ下さい^-^
Google
ゴルフ会員権なんでも相談のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]ゴルフ会員権相場動向
>>[次]ゴルフ会員権相場上昇!?

ゴルフ会員権なんでも相談のTOPへ
"ゴルフ会員権と団塊需要 "のTOPへジャンプ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。